koko “kaku” 解放~!

カウンセラーの体当たり“雑記ブログ育て”

整体?レイキ?ヒプノセラピー?家相? 腰痛改善に効果があったのは?

 f:id:kokokaku:20170717222132j:plain

こんにちは、kokokakuです。

みなさんは、腰を痛めたことはありますか?

今日は、腰痛持ち(ヘルニアと診断を受けた)だったわたしの腰痛が、この12年間、ウソのように腰痛とは無縁となった謎について検証したいと思います。

 

実はわたくし、20歳そこそこで腰痛持ちとなり、仕事を辞めて家庭に入って以降・・・

たしか、24歳頃から、半年に一度、ぎっくり腰に見舞われて立てなくなるような人でした。

 

朝起きて、「あれ?腰がなんかおかしいぞ」と思ったら最後。

どうやったって、その日のうちに「おぉっ(;゚Д゚)」となって、

やってしまった・・・

となり、痛みで「ヒヒヒヒ、ヒヒヒヒ」とか変な笑い声のような息を吐きながら、

おじいちゃんのような歩き方で病院に向かうわけです。

f:id:kokokaku:20170717210844j:plain

 

27歳くらいの頃だったか、腰の違和感は常だし、どうしてぎっくり腰を繰り返すんだろう、と思って、大きな病院でMRIを受けてみました。

 

ヘルニアであることが判明

結果はヘルニアと診断されました。

かといって、何かするわけでもありません。

ヘルニアとわかっただけ。

 

なのに腰痛はどうして治った?

何が腰痛を治したのか?

思い当たることをあげてみます。

・整体

・レイキ

ヒプノセラピー

家相

 

整体

腰痛に整体は危険とかいう話を聞いたことがあるけれど、どこに行っても左右の足の長さの違いと骨盤のゆがみを指摘されていたので、整体通いには積極的だった。

最後にお世話になった整体師さんは、内面をすごく見つめていて謙虚な方、というイメージ。

たったの3,000円で、その時の状態に応じ、丁寧に1時間から2時間施術を行ってくださった。

f:id:kokokaku:20170717210824j:plain

レイキ

レイキのアチューンメントを受けたい!と思ったのは、当時読んだ、横森理香さんのもっと健康、もっと幸せ!―愛しの筋腫ちゃん Part2 (集英社be文庫)に載っていて、すっごく興味を持ったから。

レイキ(レイキヒーリング)は、民間療法であり、手当療法・エネルギー療法の一種。

 個人的には様々な面で効果を感じているが、見えないものだけに、説明がむずかしい。

ヒプノセラピー

これも前述の横森理香さんの本に載っていたセラピストさんが、偶然にも同県にお住まいだったため、受けに行った。

ヒプノセラピー催眠療法)とは催眠状態を使って潜在意識に直接働きかけることえお行い、心理的・身体的問題を解決していく心理療法の一つで、実際に過去生や幼少期への退行を試みた。

過去生への退行は何も起こらなかったが、幼少期のものは癒しが施された。 

家相

整体、レイキ、ヒプノセラピー、一連のことを終えた後、現在の住居へと引っ越しした。

振り返ると、引っ越し前は何かおかしかった。

立ちくらみが頻繁に起こる。

夫仕事で不在時、体調が悪いと感じている時に2度も気を失って倒れた(すぐに立ち直るが)。

昼寝時、金縛り状態を何度か体験。

f:id:kokokaku:20170717210752j:plain

 

果たして答えは?

こうして見ると、20代のkokokaku、不安定ですね。

家相においては、当時住んだところの前から腰痛はあったのであまり関係ないかもしれません。

思うに、

運よく、整体師さんの腕が素晴らしかった

 

ヒプノセラピーなどで、自分の本質や内面と向き合うステージに入った

ことが影響しているのではないかと考えました。 

 

自分を知って生き方を変える

というのも、病は気から、というか、心と体はやっぱりつながっているんじゃないかと思うことがたくさんあるからです。

これ、今は中古でしか手に入らない本ですが、 私の愛用書です。

チャクラ 癒しへの道―新しい「健康」の発見

チャクラ 癒しへの道―新しい「健康」の発見

 

この本は、様々な症状の原因を『人間の成長』への促しと捉え、原因や改善へのヒントを記してくれています。

これによると、腰痛は、第二(丹田)チャクラに関連していて、『自尊心』や『人間関係』についての課題があるのだと。

 

チェックしてみましょう。

①好意を受け取るのが苦手で、手助けを申し出られても『別に何も』・・・と言いつつ、内心は「私をひとりにしないで!」と哀願。相手に心の中を読み取ってほしい。

 

②完全主義者でうまくいくことを願うなら「自分でやるべし!」と、自分にしかできない仕事だと信じている。

 

③高い理想をいつも求めていて、期待通りにならないと失望。小さな援助に感謝できず、「だれも私のことをかまってくれない」と嘆く。

 

 

なるほど。 

「何でも自分ひとりでやろうとしないで、大切な人と、対等に平等に、そして柔軟に協力し合える関係性を築く」

それが腰痛改善や予防に効果的ということでしょうか。

f:id:kokokaku:20170717210711j:plain

 腰の違和感はまだしも、ぎっくり腰は本当に大変!

ストレッチや姿勢、腹筋強化など、生活習慣に気を付けるとともに、ひとりで何でも抱え込む習慣があれば、そちらの方も気を付けるといいかもしれません。

 

さいごまでおつきあいくださりありがとうございました。