幼稚園見学の後に聞いた子どもの本音【幼稚園入園をめぐる家族の物語③】

出だしは順調に見えた初めての幼稚園見学。

はたして2回目の見学は、たけるの幼稚園生活への希望につながるのでしょうか?

  

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

 

前回までの内容

来年幼稚園の入園を控えた息子“たける”は、超がつく繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

9月に入り、同年代の子のママたち同士では幼稚園の話題が出始め、意識が高まってきていました。

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=人一倍敏感な子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思案・行動することを好みます。これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

また、HSCは些細な刺激を察知し、過剰に刺激を受けやすいせいもあって、家や慣れている人や場所では絶好調でも、新しい人や場所、人混みや騒がしい場所が極端に苦手なのです。

さらに他の子は問題なくできることを怖がったり、小さいことを気にしたりしがちですので、「内気」とか「引っ込み思案」とか「臆病」とか「神経質」などとネガティブな性格として捉えられ、親や先生から「育てにくい子」として扱われてしまう傾向にあります。

これらはすべてHSCの、微妙な刺激や変化を敏感に感知する繊細さである先天的な気質にあるのですが、そういう親や先生のネガティブな思いまでをも敏感に察知してしまって、HSCの「自己肯定感」や「自尊心」は低くなりやすいのです。(*HSCはアメリカのエイレン・アーロン博士が提唱した概念です)

HSCの特徴

①刺激に対して敏感である。

②ちょっとした刺激でも感知してしまう。

③過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒され、人より早く疲労を感じてしまう。

④人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。

⑤自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑥物事の本質を見抜く力がある。直感力に優れている。

⑦物事を深く考える傾向にある。

⑧自分のペースで思案・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。

⑨大人数の前や中では力が発揮されにくい。

⑩人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。

 

 

 そこで、幼稚園の見学をさせてもらったところ、温かく迎えてもらった“たける”はとても楽しんで、幼稚園が大好きに。

 

2回目の見学

たけるの「また幼稚園に行きたい」という気持ちは変わらず、

前回の見学から2週間後、迷惑じゃないかな、とどこかで不安も抱えながら思い切ってまた幼稚園へ行きました。

f:id:kokokaku:20171105135143j:plain

 

f:id:kokokaku:20171105135209j:plain

 

「おはようございます、先日はありがとうございました。あの、もしご迷惑でなければ今日もまた見学させていただけないでしょうか?」

f:id:kokokaku:20171104150014j:plain

「もちろん良いですよ。たけるくん、よろしくね」

 

 f:id:kokokaku:20171105135537j:plain

 

「たけるくーん、おいでおいで,、 幼虫がさなぎになったよ!」

f:id:kokokaku:20171105135655j:plain

「わぁ、金色だ!!」

               f:id:kokokaku:20171105135735j:plain

「これ幼虫」

                             f:id:kokokaku:20171105135818j:plain

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「大きくなってる!!」

 

「見て見て、ほら、このオオゴマダラ、羽化したばかりで羽を乾かしてるよ」

               f:id:kokokaku:20171105140057j:plain

 

「わぁ~!」

    f:id:kokokaku:20171105140124j:plain

 

 

 

おやつの時間

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「おやつの時間ですよ~、手を洗いましょう」

  

「よかったらたけるくんとお母さん、一緒にいかがですか?」

f:id:kokokaku:20171104145151j:plain

f:id:kokokaku:20171104151155j:plain「え?いいんですか?」

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「お休みの子がいるのでひとつ余るんですよ」

 

f:id:kokokaku:20171105142421j:plain「ありがとうございます。それじゃあお言葉に甘えて・・・」

 

「では、いただきます!」

f:id:kokokaku:20171105140917j:plain

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「幼稚園では牛乳はストローじゃなくてパックの口を開けて飲んでいるのよ」

f:id:kokokaku:20171105140253j:plain「口を開けて飲むのは初めてだね」

f:id:kokokaku:20171105141024j:plain

 

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「おいしい!」

f:id:kokokaku:20171105141119j:plain

f:id:kokokaku:20171105141146j:plain

 

たけるはその日も最後までいたいと望み、最後まで楽しく滞在させてもらいました。

 

だったら行かない

「たける、幼稚園気に入っちゃったね」

f:id:kokokaku:20171105141233j:plain

 

「たける気づいた?幼稚園のみんな、ママは一緒じゃないでしょ?

ママと離れて、先生やお友達と一緒に過ごしてるの」

f:id:kokokaku:20171105141357j:plain

「たけるも幼稚園生になったら同じように、ママと離れて先生やお友達と活動するんだよ」

f:id:kokokaku:20171105141423j:plain

 

「ママと離れては行きたくない」

f:id:kokokaku:20171105141507j:plain

 

「でもママは幼稚園生じゃないから一緒には行けないんだよ」

 f:id:kokokaku:20171105141523j:plain

 

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「だったら行かない」

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「だけど次も幼稚園に行くの楽しみなんでしょ」

f:id:kokokaku:20171105141646j:plain「ママと一緒だから。じゃないと楽しくない」

 

 

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain

(以前保育園に入園した2日間のこと、トラウマになっていまだに尾を引いてるのかな・・・。

いつかはみんな親から離れて幼稚園や学校に行く。

その“いつか”はもうすぐそこまできてる。

それどころか、たけると同じ年中の年の子は普通ならみんな幼稚園に行ってる。

でもたけるは違う。ママと離れることを徹底して嫌がる・・・

私の育て方が悪かったのかな)

 

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「パパはどう思う?」

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「たけるには意志があるんだよ。たけるがまだ言葉にできないような心の声を拾ってきてさ、ママはそれを精一杯尊重してきたでしょ。だからたけるは5歳なりの言葉で、自分の意志や感情をちゃんと表現することができるんだよ

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「そうなんだけど、尊重しすぎてママから離れられなくなってしまったのかなって」 

f:id:kokokaku:20171105143431j:plainそれは今だけを点で見てるんであって、線で見ることを忘れていないかな。たけるは存在や気持ち、ペースがないがしろにされたらすぐに体や心に反応が出る子だから、結局尊重するしかないって気づきながら、たけるに合わせて俺たちの方が変わっていった

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「そうなんだよね。たけるによって変わらさせられてる」

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「社会に適応し、人に合わせることが普通で当たり前だと思っていたけど、それより先に大事にしなければいけないものがあると、たけるが教えてくれてるって感じてきたんだよね」

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「うん…。でもどうしてこんなに甘えんぼなんだろう」

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「もしかしたらそっちの方が普通なのかもしれないよ」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「え?」

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「みんながみんなってわけじゃないけど、ママと離れたくない、まだまだママと一緒にいたい、という気持ちが本当という子、多いんじゃないかって。

だけど子どもがどんな気持ちだろうと、世の中のシステムに従って集団生活に移行しなければならない」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「それはそうだよね。泣こうがわめこうが、否応なしに移行しないといけない。

考えてみたら変だね。

でもだからって子どもの気持ちを尊重したら、いつまでも自立できないままだし、過保護だから親離れできないんだ、なんて思われてしまうんだよね」

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「自立の前にしっかり甘えて心が満たされたかどうかが大事なんだ。

その子にはその子の、巣立っていく独自のペースもあるしね」

 f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「私は子どもの頃全然甘えてない。いつの間にかボーッと幼稚園生になってて、一人でバスと電車乗り継いで歯医者さんに行ったりしてたけど、それって一見自立した子に見えるけど、頭の中の映像に映るのはロボットみたいな自分の姿なの。感情が見当たらない。

それでも『できない』より『できる』方が良いのかもって思う自分もいる」

  f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「幼稚園のことが現実味を帯びてきて「人並みにしておかないといけない」とか、「他の子より遅れをとってはいけない」とか、「社会から落ちこぼれないように」とか、「世間様に後ろ指を指されないように」とか、という焦りが出てる?」

 f:id:kokokaku:20171105142421j:plain「あるよ!それはやっぱりある。子どもが適応できないと母親の子育てが問われるのが現実だもん」

 f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「社会や教育のシステム上、そういう考えに支配されている大人は、想像以上に多いからね。

そのような考えを持った大人の気配を肌で感じながら、ほとんどの子は、本当の気持ちや感情を封印させて適応し、自分の居場所を見つけて集団生活に慣れていってるのは確かだよね。

だからこそ、集団がどうしても合わない気質の子は苦しい。

 

子どもはとりあえず、自分の意志とは関係なく与えられた目の前の環境に適応しようと必死になるので、その子本来の気質や欲求、自然に湧いた感情は水面下に潜ってしまう。

中には、慣れているように見えても、心の飢えや深刻なトラウマを抱えたり、心の中に問題が蓄積してしまう子が必ず出てくる。

問題が子ども時代は潜在化していて、大人になって出てくることもあるよね。

 

だから、嫌だと言えたり、自分のニーズを伝えることができるということは、自分自身を守るための大事な自己表現力だし、自分の深いところから湧いてきた考えや自発的な意志を優先しようとする態度は、『甘え』というより、将来自立していく意味でも、人間にとってとても尊いものなのだと思う。

たけるは、まだ5歳だし、言語力や表現力がまだ備わっていないから、ある程度は親がそれを補って伝えてあげる必要も出てくると思う」

 f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「カウンセリングを受けられるクライエントさんは、ほとんどそういう気質の方だもんね。

たけるもパパもそのタイプ。

わかる人にしかわからないところなだけに難しいね」

 f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「たけるには意志があるんだ。“自分の意志”を持ってるし、独自のペースもある。それを奪いたくない。たけるの感じることや嘘偽りない反応に、俺たちは親として向き合い、たけるにとって本当に必要なことは何かを真剣に考えなくちゃいけないと思う」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「たけるにとって本当に必要なこと・・・」

 

たけるは、入園も慣れも一筋縄ではいかないかもしれない。

そう覚悟しておいた方がいい。

たけるにとって本当に必要なことって一体何なんだろう。 

    f:id:kokokaku:20171106195824j:plain

次回につづく・・・

 

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

 

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病