支援センターの交流保育で心が折れる【幼稚園入園をめぐる家族の物語④】

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

前回までの内容

来年幼稚園の入園を控えた息子“たける”は、超がつく、繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

9月に入り、同年代の子のママたち同士では幼稚園の話題が出始め、意識が高まってきていました。

たけるとママは幼稚園へ見学に。

2度目も楽しく過ごさせてもらい、安心したのも束の間。

たけるは『ママが一緒だから』楽しかった。そうじゃなければ行きたくない。

と言い、来年からの幼稚園にママが同行しないという現実に心を閉じます。

ママは夫と話をし、たけるにとって一体何が必要なのか、改めて考えました。

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=人一倍敏感な子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思案・行動することを好みます。これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

また、HSCは些細な刺激を察知し、過剰に刺激を受けやすいせいもあって、家や慣れている人や場所では絶好調でも、新しい人や場所、人混みや騒がしい場所が極端に苦手なのです。

さらに他の子は問題なくできることを怖がったり、小さいことを気にしたりしがちですので、「内気」とか「引っ込み思案」とか「臆病」とか「神経質」などとネガティブな性格として捉えられ、「育てにくい子」として扱われてしまう傾向にあります。

これらはHSCの、微妙な刺激や変化を敏感に感知する繊細さ(先天的な気質)にあるのです。

5人に1人は、HSCに該当すると言われています。(*HSCはアメリカのエイレン・アーロン博士が提唱した概念です)

HSC・HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

①刺激に対して敏感である。ちょっとした刺激でも感知してしまう。すぐにびっくりする。

②過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒され、人より早く疲労を感じてしまう。人の集まる場所や騒がしいところが苦手。誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にするだけでつらい。

③人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。細かな配慮ができる。

④自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑤直感力に優れている。漂っている空気や気配・雰囲気などで、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。先のことまでわかってしまうことがある。物事の本質を見抜く力がある。物事を深く考える傾向にある。思慮深い。

⑥モラルを重視する。正義感が強い。

⑦自分のペースで思案・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。

⑧静かに遊ぶことを好む。集団より一人や少人数を好む。1対1や少人数で話をするほうがラク。大人数の前や中では、力が発揮されにくい。

⑨自己肯定感が育ちにくい。外向性を重要視する学校や社会の中で、敏感な気質ゆえに求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまく行かなかった場合に自信を失いやすい。

⑩自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応(様々な形での行動や症状としての反応)が出やすい。人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。

 

支援センターでの交流保育

たけるは、とにかくママさえ一緒なら大抵のことは大丈夫。

だったらママと一緒に参加できることに、さらに積極的に参加しよう。

そう考え、予約が必要な“同年代の保育園児との交流保育”に予約をしました。

これはママ同伴でないと参加できないので好都合なのです。

 

10月のある日。予約した交流保育に参加するために支援センターへ。

f:id:kokokaku:20171102194747j:plain

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「今日は保育園の同じ年の子と交流保育の日だよ」

f:id:kokokaku:20171105185016j:plain「今日は何するの?」

f:id:kokokaku:20171105202409j:plain「何だろうね。行ってみないとわからない」

 

交流保育へはこれまでに、工作やお散歩などに参加したことがあります。

でもその日の内容は今までとはちょっと違いました。

 

交流保育、内容はゲーム 

「今日は支援センターのお友達とお母さんと一緒に、思いっきり身体をつかうゲームをしたいと思いまーす」 

f:id:kokokaku:20171108162839j:plain

  

最初は「古今東西〇〇の名前」 

「最初は、みんな大好き、古今東西〇〇の名前ゲームです」

と先生。

動物の名前、色の名前などを一定の速度とリズムに合わせて順番に言っていき、名前が出てこないと輪の中から抜けなければなりません。

たけるは勝ち負けのある遊び一切が大嫌いです。

でも・・・とにかく私がフォローすればいいし、慣れるためにちょうどいいはず。

たけるは初めてのゲームなので何が何だかわからない状態。

「大丈夫大丈夫、ママも一緒だから」

いよいよ順番が近づいてきました。

f:id:kokokaku:20171108162932j:plain

園児のみんなにはわるいけど、初体験なのでママのフォローというハンデをこっそり使わせてもらって乗り切りました。

 

次は4チームに分かれて手押し車競争

「次は手押し車競争で~す!」

手押し車・・・あまりやったことがないのでちょっと練習してみます。

よし、大丈夫。

f:id:kokokaku:20171108163001j:plain

 

ふ~~、ここまでは何とか無事に乗り切っています。

 

「帰りたい」

「次はリレーです!」

先生がそう言った時、たけるの声が・・・

f:id:kokokaku:20171108163052j:plain

大丈夫そうだったのにな。

みんなが楽しく盛り上がっている時に「抜ける」なんて・・・どうしよう。

ましてや「帰りたい」なんてとても言えないよ。

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「もうちょっと頑張れない?」

そうやって私が困っていると・・・

f:id:kokokaku:20171108163218j:plain

 

心折れる

この時すでに、たけるの心は折れていました。

雰囲気に圧倒されて本当は無理していたみたい。

「じゃあ、参加しないで見てよっか」

「・・・」

本当は、本当にその場から離れたかったのでしょう。

でもこの時の私は、自分(わが子)のために場の空気雰囲気を壊すなんてことはできないままの私でした。

「先生、ちょっと見学させてもらってていいですか?たける、ちょっと勢いに圧倒されちゃったみたいで」

      f:id:kokokaku:20171108164032j:plain

そう伝えて、リレーや椅子取りゲームなどが行われていくのを隅に座って見ていました。

f:id:kokokaku:20171108164145j:plain

泣いてる子

 目の前で元気に走り回っている園児たち。

この子たちが2歳になる前から、たまに様子を見てきました。

5歳になったみんなは、こんなにたくましく成長している。

私も5歳の頃はそうだった。

そうだったけど、本当は苦手なことも、できないこともあった。

だけどそれは隠していた。

ある時は幼稚園のトイレに隠れて時が過ぎるのを待ったこともある。

「イヤ」「できない」が言えないし、言っちゃいけないって思ってたし。

だから大人になってもNoを言うのが苦手だし、「助けて」が言えない。

たけるはそれを言えるのがすごい、パパからそれを聞くたびに「そうだった」と我に返るんだよね。

 

そんなことを思っているうち、リレーで転んだ子、やりたくない子など、泣き出して隅っこに行ってしまう子が出てきました。

次の椅子取りゲームでも、負けた子が何人か涙を流します。

 

私の心は複雑でした。

 

たけるだけじゃないという安堵感。

そんな気持ち、味わいたくなかっただろうね。もしかしたらたけるのように、本当はあの子も競争や勢いに圧倒されるゲームは苦手なのかも、という気持ち。

そして、私が園児だった頃は(その後も)、誰かが泣いたら「そんなことで泣く子は弱虫で恥ずかしい」と思っていたこと。

 

いろんな立場でそれぞれ違った思いがぽこぽこ湧いてきたからです。

 

大人も子どももひとりひとりみんな違う。

見え方も聞こえ方も違うし、感じ方、捉え方、反応、刺激の受け方、ペース、優しさ・・・あげていったらきりがないくらい、何もかもが違う。

当時はHSCという概念をまだ知らなかったのですが、たけるの繊細さや敏感さをありのまま見てきた分、

目の前の子どもたちもひとりひとり違うこと

どちらが良くてどちらが良くないとか、優れているとか劣っているとか、そういう見方は嘘なんだ、強がらなくていいんだ、

と涙がこみ上げてきたのを覚えています。

 

次回につづく・・・

 

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

 

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病