『社会の常識や規範、「ふつうであること」の強制から子どもを守る』その方法とは?【幼稚園入園をめぐる家族の物語㉓】

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

 

前回までの内容

息子“たける”は、超がつく繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

入園の半年ほど前から「ママが一緒でなくては幼稚園に行かない」と言うたけるの気質に合った集団生活への移行方法を考えてきた。

そこで「慣れるまでは母親が園に付き添う」という方法を取らせてもらうことに。

入園後、園や先生に恵まれ楽しく過ごしていたが、隣接する小学校の校舎への移動の際に見せるたけるの様子から、今はまだ母親のサポートを必要としていることを再認識。

初登園から3週目、「行きたくない」が出てお休みしたことで、たけるからいろんな話を聴いたり、お友達から質問を受けたりした。

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=敏感すぎる子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思索・行動することを好みます。

これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

またHSCは、「内気」とか「引っ込み思案」とか「神経質」とか「心配性」とか「臆病」などとネガティブな性格として捉えられがちなのですが、

「内気」「引っ込み思案」「神経質」「心配性」「臆病」な性格というのは、持って生まれた遺伝的なものではなく、後天的なものであり、それは過去におけるストレスやトラウマ体験が影響しているものと考えられています。

5人に1人は、HSCに該当すると言われ、HSC自体は病気や障がいではなく、とても敏感で感受性が強く、かつ繊細さを持った生得的な気質なのです。

(*HSCはアメリカのエイレン・N・アーロン博士が提唱した概念です)

 

HSC・HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

①すぐにびっくりするなど、刺激に対して敏感である。細かいことに気がつく。些細な刺激や情報でも感知して深く処理する。 

②過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒されると、ふだんの力を発揮することができなかったり、人より早く疲労を感じてしまったりする。人の集まる場所や騒がしいところが苦手である。誰かの大声や、誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にしたりするだけでつらい。

③目の前の状況をじっくりと観察し、情報を過去の記憶と照らし合わせて安全かどうか確認するなど、情報を徹底的に処理してから行動する。そのため、行動するのに時間がかかったり、新しいことや初対面の人と接することをあまり好まず、慣れた環境や状況が変わることを嫌がる傾向にある。急に予定が変わったときや突発的な出来事に対して混乱してしまいやすい。

④人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。細かな配慮ができる。

⑤自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑥直感力に優れている。漂っている空気や気配・雰囲気などで、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。先のことまでわかってしまうことがある。物事の本質を見抜く力がある。物事を深く考える傾向にある。思慮深い。モラルや秩序を重視する。正義感が強い。不公平なことや、強要されることを嫌う。

⑦内面の世界に意識が向いていて、豊かなイマジネーションを持つ。想像性・芸術性に優れている。クリエイティブ(創造的)な仕事に向いている。

⑧静かに遊ぶことを好む。集団より一人や少人数を好む。1対1や少人数で話をするほうがラク。大人数の前や中では、力が発揮されにくい。自分のペースで思索・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。観察されたり、評価されたり、急かされたり、競争させられたりすることを嫌う傾向にある。

⑨自己肯定感が育ちにくい。外向性を重要視する学校や社会の中で、敏感な気質ゆえに求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまく行かなかったりした場合に自信を失いやすい。

⑩自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応(様々な形での行動や症状としての反応…HSCの場合「落着きがなくなる」「泣きやすい」「言葉遣いや態度が乱暴になる」「すぐにカッとなる」、「発熱」「頭痛」「吐き気」「腹痛」「じんましん」など)が出やすい。感受性が強すぎ、繊細すぎるために、学校や職場での環境や人間関係から強いストレスを感じてしまい、不適応を起こしやすい。人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。 

 

夫婦での話し合い

帰宅後・・・。

        f:id:kokokaku:20171218210829j:plain

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「他の子はやっぱり複雑だよね。

自分は休んじゃダメって言われるのに、なんでたけるくんだけはダメじゃないの?って。

他の子の気持ちを考えると、私の行動が社会で当たり前になっている常識に反していることを痛感させられたなぁ」

 

          f:id:kokokaku:20171211204643j:plain

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「うん・・・・・。

その子とじっくり向き合えるんだったら、『おじさんはね、って、親や社会が決めたことに従って、自分の本当の気持ちに正直に誠実に向き合ってこなかったことが災いして、そのことが自分を苦しめてきたこと。自分と同じような思いで苦しんでいる人が結構いらっしゃること。だから同じような苦しみをたけるに味わわせたくないということ』を話したいかな」

            f:id:kokokaku:20171117204641j:plain

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「そうだね・・・。だけど、それを聞いた子どもが『自分も!』と思っても、その子の家庭や社会は変えられないから余計に複雑じゃないかな」

 

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「俺はそういう大人に出会いたかったかな。例えば、子ども側の立場や気持ちに寄り添うことよりも、親や大人側に立った立場で物事が判断されたり、親や大人の都合や理屈が優先されているような場合に、自分の正直な気持ちは間違っていないと認めてくれるような存在。

たとえ小さい頃は大人に従うしかなくても、そういう出会いが、知力や言語力が身についてきた時の自分を動かすかもしれない」

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「それはあるかもね。私もよく、『何であの子は良いのにうちはダメなの?』って聞いて『よそはよそ、うちはうち!』って言い放たれていたけど、そういうことこそ覚えているし、自分の疑問は間違っていなかったんだなって、後になってわかったもの」

 

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「俺は自分の子どもが、『この世に生まれてきて良かった』と思えるような人生を歩ませたい。だから社会の仕組みが、そのような子の気持ちに寄り添うそうな仕組みになっているかどうか、子どもの自発的な意志や主体性を育んでいく上でプラスに働くものなのか、マイナスに働くものなのか、そのシステムの本質についてちゃんと見極めていきたい。

わが子が感じている嫌だという気持ちが、この子の自己中心的でわがままな思いや感情なのか、この子の、生まれ持った気質が尊重されないことの心の叫びなのかどうか、ちゃんと見極めていきたい」

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「うん、そうだ。それを見極めていった結果、今のような選択になっているんだよね」

 

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「この本のここ、読んでみて」

子どもの生きづらさと親子関係―アダルト・チルドレンの視点から (子育てと健康シリーズ)

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain信田さよ子さん…《日本におけるアダルト・チルドレン(AC)概念の第一人者、臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長》

子どもの生きづらさと親子関係―アダルト・チルドレンの視点から (子育てと健康シリーズ)P120-121より引用させていただきます。

  

 少子化が叫ばれていますが、無理のない話だと思います。どう考えても親になることの困難さは増すばかりだからです。賢明な人ほど、親になることに躊躇するでしょう。かつてと違い、これからは親の姿勢、覚悟が厳しく問われるようになると考えるからです。昭和20年、30年代は、子どもを養い、大学まで出してやること、ちゃんと結婚させることが親としての責務をまっとうすることだったのです。しかし、21世紀の親にとってはまったく別の課題が与えられています。

 子どもを飢えや貧困から守るという第一義の義務が後景に退いてしまった結果、もっと別のものから子どもを守るという役割が生じたのです。それは、社会の常識や規範、「ふつうであること」の強制から子どもを守ることです。

 ふつうであることから逸脱しないようにひたすら調教し教導していく親なのか、それとも逸脱したわが子であっても、その子を守るのは親である自分でしかないと覚悟する親か、そのいずれかが厳しく問われる時代になったのです。つまり子どもを守るためには、世界を敵にまわせる覚悟のある親かどうかを問われる時代になったともいえます。

 それを誰よりも見分けているのは、ほかならぬ子どもたちです。

 

子どもの生きづらさと親子関係―アダルト・チルドレンの視点から (子育てと健康シリーズ)

子どもの生きづらさと親子関係―アダルト・チルドレンの視点から (子育てと健康シリーズ)

 

 

 

力強く説得力のある信田さんの言葉が胸に響きました。

そして、『小学校が嫌でたまらなかった』、『学校生活が全く楽しいと思えずつらかった』など、その嫌だったことやつらかったことの内容について語ってくれた数名のクライエントさんのことが思い出されました。

           f:id:kokokaku:20171218212018j:plain

 

本当は怖い小学一年生!?

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(あの本、やっぱり買ってみようかな・・・)

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書)

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書)

 

この本、たけるの校舎への反応と、「本当は怖い小学一年生」というタイトルが微妙に絡み合って気になっていたのでした。

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(小学一年生の何が怖いのだろう・・・。

たけるは校舎に、クライエントさんは学校に、何を感じていたのだろう・・・。

その何かを知る糸口になればいいな)

 

そうして注文したこの本は、後々の選択に大きな影響を与えたのでした。

 

                           f:id:kokokaku:20171214160331j:plain

『本当は怖い小学一年生』を読んで

同本の著者は、汐見稔幸先生東京大学大学院教育学研究科教授、その後、白梅学園大学教授・副学長を経て、現在、白梅学園大学学長・東京大学名誉教授

小1プロブレム

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain『小1プロブレム』という言葉があるんだ・・・。

いざ授業が始まると、イスに座っていることができず、教室内を歩き回る子がいたり、配ったプリントを紙飛行機にして飛ばしたり、先生の話を無視して近くの友達にしゃべりかける。中には教室から廊下、校庭に飛び出して(脱走して)しまう子どももいる。

この先生たちを悩ます問題は「小1プロブレム」と呼ばれ、一般には否定的に語られてきた。

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P.9より

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(学級崩壊の問題が取り沙汰された時期があったけど、それが低年齢化しているわけだ…)

 

 小1プロブレムの問題は、教室の椅子に座っていられない子どもたちの問題ではなく、そういった旧来の学びスタイルを今世紀になっても続けていることから起こる問題ではないか。旧来の学びスタイルへ無意識に、もしくは意識的に抵抗を示そうとする子どもたちからの「サイン」ではないか、と考えている。

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P13より

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(旧来の学びスタイルというのは…?)

 

もちろん「勉強」は必要だ。だが、子どもたちの中には(たとえ静かにイスに座り、先生の話をおとなしく聞けていても)、「学ぶということはじっとガマンして聞いていることなのだ」ととまどいを感じ、小さく失望し、やがて退屈でつまらないものだと感じるようになる子が大勢いるはずだ。

そこにはカリキュラムの内容や教え方など、さまざまな要因が考えられるが、もっと俯瞰的に見ると、子どもたちが時代のカナリヤとなって、日本の教育の時代に合っていないところを明るみに出し、大人たちにイエローカードを突き付けているように映る。

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P14より

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(時代に合っていない教育…『時代』という点で、信田さよ子さんの言葉にも共通している。様々なことが進歩して人々の目的や問題は変化し、時代は新しくなっていっているのに、子どもの育ち(教育)においては旧式の常識や規範のままの『ふつう』が変わらず残っていて、そこが問題だというわけか…。

 

たけるが感じて怖がっているのは、小学校という環境にある、その『常識や規範』といった目に見えない、誰にもどうすることもできないシステムの存在なのかな・・・。

 

    f:id:kokokaku:20171218211142j:plain

 

敏感で、ごまかしの効かない正直な子は、わかりやすく反応を起こす。

それがあのクライエントさんたちであり、たけるでもある。

 

だけど、環境は変えられない。

そんな中で、自分たちだけ当たり前となっている常識や規範から逸脱した選択をしていることで、他の子に矛盾を見せつけてしまう。

信田さんの『社会の常識や規範、「ふつうであること」の強制から子どもを守る』という言葉は、頭ではわかっても、実際やってみると様々な壁にぶつかる。

守る方法とは・・・)

 

選択肢

汐見先生の本の後半には、学校以外の選択肢のことが書かれていました。

 

オルタナティブ(代替)スクール」と言って、多様性が尊重される学びの場のこと。

  • シュタイナー教育
  • 子どもたちが議論し、物事を決めていくデモクラティックエデュケーションを基本理念とする「サドベリースクール」
  • 親が子どもに教えるホームスクール
  • 不登校の子どもたちのための学習や活動を支援するフリースクール

 などがあるとのこと。

子ども一人ひとりの性格はそれこそ多様で、育ち方もいろいろ。何事も集団的秩序で縛られ、競争原理で進んできた原稿の学校に対して合わない、好きになれない、と違和感を感じる子どもはいる。また、もっと芸術面や表現面の能力を伸ばしたいと望む子もいる。そういう子どもたちが「この場所なら、自分らしくいられるかも」と、学びの場を選べる環境に徐々になりつつあるのは大いに歓迎すべきことだと思う。

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P154より

f:id:kokokaku:20171105142421j:plain(まさにたけるのこと!でも身近にオルタナティブなスクール的なところなんてない。しかも・・・)

 

ところが日本では、こうした多様な学びの場は、現在、法的に「普通教育」に当てはまらないとされている。 

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P154より

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(つまり、やっぱり学校じゃなきゃだめなんだね・・・。

ん?なになに?)

日本の大学に留学したフランス人夫婦が、子どもを通わせていた日本の保育所の運動会の練習を見にきた。そこでみんなが同じ遊戯や行進をしている様子を見て、「どうして同じことをさせようとするのか」と質問してきたという。そのフランス人は自分の子どもに、安易に人と同じことをしてはいけないと教えていて、結局運動会が終わるまで保育所を休ませたという。

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P161より

f:id:kokokaku:20171105142421j:plain(入場行進も遊戯もみんな同じで当たり前で、何の疑問も無かった。

感じ方や価値観は人それぞれ。

小学校と合同の運動会、たけるはどういう反応をするだろう。

こればかりはその時になってみないとわからない)
 

たけるの、校舎への反応、

クライエントさんの言葉、

他の子に与えてしまう矛盾

 

この3つと、信田さよ子さんや汐見先生の言葉が、後に私たちが選択する道の道しるべだったことに気づくのは、もう少し先のことです。

 

汐見先生は「終わりに」で、次のようにこの本を締めくくっておられました。

学校という枠にあまり強くとらわれると、子どものさまざまな可能性が限定されてしまう。潜在的にのびたいと思う部分を、学校が型にはめてしまう。新しい学校のあり方については第5章で述べたが、さしあたり種々の学びの試みを追求しているフリースクールなど、オルタナティブな学校に注目してほしい。こうした学校こそ、未熟かもしれないが、時代を先取りした内容・方法を試みていることが多いからである。

従来の枠にこだわらず、子どものための真の学びを模索するこれらの学校に正規の法的位置を与えること、これらが切磋琢磨して、オルタナティブとしてではなくそれぞれに有力な二十一世紀型学校のモデルとなる時代が早く訪れること。これが私の願いである。

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書) P188-189より

 

 

このところ、子どもたちは虫取りに夢中。

まもなくゴールデンウィークに入ります。

 

f:id:kokokaku:20171214160420j:plain

 

次回につづく・・・

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

  

参考

*HSCにとって学校生活は負担が大きく、園や学校への「適応」は簡単ではありません。例えば、新しいことや初めての場所、人が集まる場所や騒がしいところが苦手だったり、予想外のことや変化を嫌がる傾向にあります。そのために学校生活は不安でいっぱいで、とてもつらいものと感じられることが多く、HSCにとって新しい世界、特に園や学校という世界に入っていくのは、茨の道を歩いていくことを意味すると言われているくらいです。

また、物事を始めたり、人の輪に加わったりするなど、行動を起こすのにも時間がかかります。これは細かいことをじっくりと観察し、情報を深く処理(大丈夫かどうか確認)してから行動するためです。

その他、ちょっとしたことを気にしたり、刺激を受けすぎて圧倒されたりすると、落着きがなくなったり、言うことを聞けなくなったり、物事がうまくできなかったりします恥ずかしさや刺激が多すぎて不安を感じる状況や環境では、冷静さや自制心を失って、その子が持っている本来の力が発揮できなくなるのです。

その気質や特性への認識が共有され、慣れるまでのそれぞれに合ったやり方やペースが尊重されると安心ですが、そうでない場合、自己否定感や劣等感、トラウマを抱えやすいのです。

特に幼い頃に母親から無理に引き離された経験は、HSCにとってトラウマになる(強い不安となって残る)傾向があるのです。

 

アーロン博士は、2015年に日本において翻訳出版された著書『ひといちばん敏感な子』(エレイン・N・アーロン/著、明橋大二/訳 一万年堂出版)の中で、次のような言葉で、HSCを持つ私たち親を勇気づけてくれています。

HSCを育てるのは大きな喜びです。確かに、自分の子どもが『他の子と違う』ことには複雑な気持ちになるかもしれません。でも『他とは違う子の親になるなら、他とは違う親になる覚悟が必要です』。これがモットーであり、私の座右の銘です」と。

 

 

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病