全体での運動会初練習。「お母さん、お疲れ様です」【幼稚園入園をめぐる家族の物語㉘】

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

 

前回までの内容

息子“たける”は、超がつく繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

入園の半年ほど前から「ママが一緒でなくては幼稚園に行かない」と言うたけるの気質に合った集団生活への移行方法を考えてきた。

そこで「慣れるまでは母親が園に付き添う」という方法を取らせてもらうことに。

入園から1か月後には園生活にも慣れ、楽しむように。

5月下旬、ママは、園内待機から車内待機へ移行、翌週には自宅へ戻り、完全分離したたが、小学校と合同での運動会全体練習開始とともに、ママの車内待機再開となった。

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=人一倍敏感な子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思案・行動することを好みます。これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

また、HSCは些細な刺激を察知し、過剰に刺激を受けやすいせいもあって、家や慣れている人や場所では絶好調でも、新しい人や場所、人混みや騒がしい場所が極端に苦手なのです。

さらに他の子は問題なくできることを躊躇したり、小さいことを気にしたりしがちですので、「内気」とか「引っ込み思案」とか「臆病」とか「神経質」などとネガティブな性格として捉えられ、「育てにくい子」として扱われてしまう傾向にあります。

これらはHSCの、微妙な刺激や変化を敏感に感知する繊細さ(先天的な気質)にあるのです。

5人に1人は、HSCに該当すると言われています。(*HSCはアメリカのエイレン・アーロン博士が提唱した概念です)

HSC・HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

①刺激に対して敏感である。ちょっとした刺激でも感知してしまう。すぐにびっくりする。

②過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒され、人より早く疲労を感じてしまう。新しいことや初対面の人、人の集まる場所や騒がしいところが苦手。誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にしたりするだけでつらい。慣れた環境や状況が変わるのを嫌がる。不快な状況や圧倒された状況にいると、冷静さを失いやすい。

③人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。細かな配慮ができる。

④自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑤直感力に優れている。漂っている空気や気配・雰囲気などで、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。先のことまでわかってしまうことがある。物事の本質を見抜く力がある。物事を深く考える傾向にある。思慮深い。

⑥モラルや秩序を重視する。正義感が強い。不公平なことや、押しつけられることを嫌う。

⑦自分のペースで思案・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。

⑧静かに遊ぶことを好む。集団より一人や少人数を好む。1対1や少人数で話をするほうがラク大人数の前や中では、力が発揮されにくい。

⑨自己肯定感が育ちにくい。外向性を重要視する学校や社会の中で、敏感な気質ゆえに求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまく行かなかったりした場合に自信を失いやすい。

⑩自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応(様々な形での行動や症状としての反応)が出やすい。感受性が強すぎ、繊細すぎるために、学校や職場での環境や人間関係から強いストレスを感じてしまい、不適応を起こしやすい。人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。

 

全体練習のスケジュール

「これ、全体練習のスケジュールです」

「わぁ、詳しく書いてもらってありがとうございます」

         f:id:kokokaku:20180107150408j:plain

「毎日何らかの練習が入って幼稚園生はどうしても疲れるので、運動会までの2週間は練習以外は自由に過ごすようにしてます」

「そうなんですね」

 

全体練習スタート

    f:id:kokokaku:20180107150452j:plain

今日は初めての全体練習。

体育館に小学生と幼稚園生全員が集合します。

小規模校なので、みんな合わせて50名前後。

初練習の今日は、全校エイサーの並びやフォーメーションの確認をして踊ってみます。

     f:id:kokokaku:20180107150527j:plain

普通、このような場所に保護者が付き添うことはありえないと思います。

 

ところが、全校生徒はもちろん、先生方も皆集合する場で、私はたけるの希望に従って、たけるの横に着きます。

 

どう見たって過保護。

恥ずかしい。

変。

そう思われて仕方のない光景です。

 

でも、私がこれをやらないと、たけるが離脱するのは確実。

 

『幼稚園・運動会』で検索すると、同じように嫌がる子のことがたくさん出てくるけど、『乗り越えることでひと回り成長する』という意見も多い。

 

だからどんなかたちでも、とにかく運動会を乗り越えよう。

そうしたらきっと達成感なんかが味わえて、

「やってよかった」って思えるのではないだろうか。

 

そう思うから、

恥はかき捨て!

どんなに目立とうと、おかしかろうと、開き直って付き添う!

そう決めたのでした。

 

本番は?

たくさんの観覧がある本番はどうなるか?

この時点ではまったく未知の世界です。

できればママなしでクリアしてほしい・・・という期待が心のどこかにあるから余計に未知の世界。

 

初めての練習を終えて

始めての練習、たけるは「疲れた」とは言いましたが、

  • エイサーをたくさん練習していて、踊りには慣れていた、
  • ママがたけるの安心圏内から圏外へ出なかった、
  • 練習は何時までかがはっきり決まっていてその時間内で行われた、

ので、ネガティブな反応はなく、その他の自由時間をめいっぱい楽しんで過ごしていました。

 

「お母さん、お疲れ様です」

そういえば、

体育館から園舎に戻る時、後ろから、

「お母さん、お疲れ様です。たけるくん、頑張ったね」

という声が聞こえました。

    f:id:kokokaku:20180107150700j:plain

学校にひとりだけいらっしゃる支援員の先生でした。

たけると顔を見合わせて、

「何だか嬉しいね」

と、温かい気持ちに包まれました。

         f:id:kokokaku:20180107150738j:plain

このひと声がもたらしてくれた安心感と、支援員の先生の存在は、

それからも密かに私の心の支えになりました。

 

 

次回につづく・・・

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

 

 

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病