「心の疲労」と、失われた希望【幼稚園入園をめぐる家族の物語㉛】

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

 

前回までの内容

息子“たける”は、超がつく繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

試行錯誤しながら次第に慣れ、園生活が楽しくなってきた頃に行われた、小学校と合同の運動会。

練習は頑張りつつも、期待に応えたいという気持ちと本当は嫌という本音が交錯し、次第に元気がなくなり、発熱。

運動会の参加について検討し、ママが離れないという約束で運動会を乗り越えたが・・・。

 

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=人一倍敏感な子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思索・行動することを好みます。これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

また、HSCは些細な刺激を察知し、過剰に刺激を受けやすいせいもあって、家や慣れている人や場所では絶好調でも、新しい人や場所、人混みや騒がしい場所が極端に苦手なのです。

さらに他の子は問題なくできることを怖がったり、小さいことを気にしたりしがちですので、「内気」とか「引っ込み思案」とか「臆病」とか「神経質」などとネガティブな性格として捉えられ、「育てにくい子」として扱われてしまう傾向にあります。

これらはHSCの、微妙な刺激や変化を敏感に感知する繊細さ(先天的な気質)にあるのです。

5人に1人は、HSCに該当すると言われています。(*HSCはアメリカのエイレン・アーロン博士が提唱した概念です)

HSC・HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

①刺激に対して敏感である。ちょっとした刺激でも感知してしまう。すぐにびっくりする。

②過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒され、人より早く疲労を感じてしまう。新しいことや初対面の人、人の集まる場所や騒がしいところが苦手。誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にしたりするだけでつらい。慣れた環境や状況が変わるのを嫌がる。不快な状況や圧倒された状況にいると、冷静さを失いやすい。

③人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。細かな配慮ができる。

④自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑤直感力に優れている。漂っている空気や気配・雰囲気などで、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。先のことまでわかってしまうことがある。物事の本質を見抜く力がある。物事を深く考える傾向にある。思慮深い。

⑥モラルや秩序を重視する。正義感が強い。不公平なことや、押しつけられることを嫌う。

⑦自分のペースで思索・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。

⑧静かに遊ぶことを好む。集団より一人や少人数を好む。1対1や少人数で話をするほうがラク大人数の前や中では、力が発揮されにくい。

⑨自己肯定感が育ちにくい。外向性を重要視する学校や社会の中で、敏感な気質ゆえに求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまく行かなかったりした場合に自信を失いやすい。

⑩自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応(様々な形での行動や症状としての反応「落着きがなくなる」「泣きやすい」「すぐにカッとなる」、「発熱」「頭痛」「吐き気」「腹痛」など)が出やすい。感受性が強すぎ、繊細すぎるために、学校や職場での環境や人間関係から強いストレスを感じてしまい、不適応を起こしやすい。人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。 

 

行きたくない

     f:id:kokokaku:20180119195225j:plain

たけるに笑顔が消えたまま戻りません。

そして、

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「幼稚園に行きたくない」・・・。

これが、やってみなければわからない、と挑んだ運動会の結果でした。

 

笑顔が消える・・・あの頃の自分と同じ

「たけるから笑顔が消えた・・・」

布団から出ようとしないたけるの姿を見たパパは、

「あの頃の自分と同じ・・・」

そう思いました。

       f:id:kokokaku:20180119195301j:plain

 

学校へ行けなくなった、中学3年の時。

         f:id:kokokaku:20180119195329j:plain

 

 

 どうして幼稚園に行かなければいけないの?

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「どうして幼稚園に行かなければいけないの?」

たけるは私に問います。

その問いは、パパが中学3年生の頃、あてもなく問い続けた問いでした。

      f:id:kokokaku:20180119195358j:plain

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「どうしてって・・・、

からすのぼうや』のお話にも書いたんだけど、ママやパパから離れて、外の世界のたけるの居場所でひとつひとつ何かに挑戦してさ、『ぼくにはできる』って体験をすることで、すごい自信になると思うから・・・かな。

実際にそうだったもんね。

ママがおうちに帰っても大丈夫になって、たけるが幼稚園でのことたくさん話してくれて、本当に『からすのぼうや』と同じだった」 

         f:id:kokokaku:20171125153252j:plain

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「うん・・・・・」

 

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「でも、何でも頑張って乗り越えたら、やったー、頑張ったー、良かったーって思うものだと思ってたけど、“何でも”っていうのが違うのかもね。

“何でも”が当てはまらない人もいるんだもんね。

それはたけるだけじゃないってこと、ママ知ってるもん。

からすのぼうやだって、羽ばたいたら自由なんだしね」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「うん」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain 「たけるの場合はさ?幼稚園だけだったら大丈夫なんだよね」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「うん」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「先生もね」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「大好き」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「お友達との遊びも大好きなんだもんね」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「うん」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「でも、運動会は違った。ぜーんぶ練習よりすごく上手で立派だったけどね」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「・・・・・」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「運動会、そんなに嫌だったの?」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「うん」

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「そうだったの。ごめんね、幼稚園、せっかく楽しかったのにね」

f:id:kokokaku:20171105141558j:plain「・・・・・」

 

 

 「心の疲労」と、たけるの中で失われた希望

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「たける、魂落としちゃったみたいになってる」

     f:id:kokokaku:20180112085912j:plain

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「希望に満ちてたのに、その希望を失ってしまったんだろうな。

わかるんだ」

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「失望、か・・・。

運動会、熱が出た時点で出ないって判断した方が良かったのかな」

f:id:kokokaku:20171105143431j:plain「それはたける自身もわからなかったんじゃないかな。

経験してみないとわからないからって、その分ママが付き添ってできる限りのことしてくれたのは大きいよ。

結果的に、発熱や嘔吐はストレス反応だったと思うし、ここのところ笑顔が消えて楽しみや興味が感じられなくなっているは、その後もストレスにさらされ続けたためであって、それで意欲や興味が失せてきているんじゃないかな。

この場合、肉体の疲労というより、人間関係や環境など精神的ストレス によってもたらされた「心(精神)の疲労」ということになるんだけど。

でもそれだけじゃなくて、たけるにとっては、先のことがはっきりとわかってしまったところがあって希望を失ってしまったんだろうな。

いずれにせよ、ゆっくり休ませてあげた方が良いと思う

f:id:kokokaku:20171105141628j:plain「先のことか・・・。たけるにとっては学校に希望がないってことかな。

とにかくゆっくり休ませようね。

先生もね、運動会は園児にはとっても負担が大きくて疲れるから、しばらくは自由に過ごさせて、リフレッシュのために楽しい場所に連れて行ってあげるような計画をしているんだって」

 

その後

そういうわけで、運動会の後は、

園でゆっくり自由に過ごしたり、

海洋博公園のプラネタリウムや熱帯ドリームセンター、遊具のある広場を満喫したり、

f:id:kokokaku:20180119193138j:plain

ある日は他の園のビオトープでのイモリ採りなどに参加したり・・・。

    f:id:kokokaku:20180119193330j:plain

でもやっぱり、瞬間瞬間では喜びを見せても、たけるに元のような笑顔や覇気は戻らず、たけるの心は園や先生、お友達から、距離が離れてしまっているのを感じてしまいます。

極端に口数が少なくて、何をやっても楽しめていない姿を見ながら、

もう元には戻れない何かを、私は感じずにはいられませんでした。

           f:id:kokokaku:20180119193647j:plain

 

お休みする日がさらに多くなりました。

お休みしない日も、給食の時間が近づくと駐車場で待機しているママのところに来て、

「もう帰りたい」と言います。

        f:id:kokokaku:20180119193608j:plain

そうなったら、無理をさせても何一つ良い方向にはいかないとわかるから、

先生に伝えます。心が痛いけど。

「先生、すみません、早退させて下さい」

「わかりました。たけるくん、じゃあまたね」

「さよなら」

     f:id:kokokaku:20180119193728j:plain

 

他の子だって疲れてる。

誰かが帰るときっと、「いいな、私もぼくも、帰りたいな」って気持ちになる子もいる。

たけるは連れて帰ればいいけれど、それが他の子へ影響を及ぼすことを続けるわけにはいかない。

これからどうするか、

何を選択するか、

そこに意識を向けた時、園で待機中に読んだ、「本当は怖い小学一年生」という本のことが頭に浮かびました。

急にアンテナが張られ、調べなきゃ!調べよう!

そう思ってパソコンを開き、気になる本をいくつか取り寄せることにしました。

 

次回につづく・・・

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

  

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病