病院や健診の人混みが苦手な子がいる私に朗報…自宅で人間ドックができる郵送検査キット『おうちでドック』

f:id:kokokaku:20180426215056j:plain

こんにちは、Kokokakuです。

 

最近すごく気になっているものがあります。

 

それは『おうちでドック』です!

 

郵送型の遺伝子検査キットというものを見かけたことがありましたが、

遺伝子ではなく、これは人間ドック版なのですね。

価格は病院での検査よりもかなり抑えられ、それでいて精度は病院と同等の検査水準というのだから驚きです。

 

私は現在検討中です!

 

女性用と男性用、ご家族セットがあるようです。 

 

 

私がおうちでドッグを検討する理由

この広告を見た瞬間、まさにこういうのが欲しかった!

と思いました。

理由は、毎年の健診がとても負担になっていたからです。

住民健診なので費用はほとんどかかりませんが精神的に、です。

 

毎年の健診、気が重かった

みなさんは、特定健診やがん検診などはどのようにされているのでしょうか。

うちは夫婦とも会社勤めではなく、つまりは自営業ですから、

国民健康保険に入っていて、 年に1回住民健診(特定健診)を受けることになっています。

それだけでも毎年気が重く、がん検診も避けてきたのです。

 

理由①子どもを預けられない

敏感気質のHSC(Highly Sensitive Child)の息子は、

慣れない場所、人が集まる場所が苦手で、健診の間もずっと母親から離れることはありません。

なので、誰かに預かってもらうのはナシ。

限られた日時に行われる住民健診に都合を合わせるのが地味~に大変なのです。

 

敏感気質のHSP・HSCは人が集まる場所が苦手

住民健診もですが、病院でも待ち時間ってすごく長いですよね。

子ども連れでは本当に大変です 。

 

子どもだけではありません。

HSP(Highly Sensitive Person)の方は、敏感気質に加え、「他人との境界がうすい」ので、人のネガティブな気の影響を受けてしまうこともよくあること。

ひどく消耗したり、誰かの不安をもらったり・・・

 

血圧なども、家で測ると正常なのに、健診では身体が反応して、いつも高くなってしまうという方もいらっしゃいます。

 

うちは、子どもがHSCで、夫がHSP、ふたりともとっても敏感で繊細、共感性も高くて境界がうすい気質なので、ストレスを感じたりしてものすごく疲れます。

 

感覚的なものなのでそうでない人にはわからず、「年に一度くらいなんだからそれくらい色々言わず・・・」と言われてしまう方、いらっしゃいませんか?

 

でもHSP度が高い方は本当に疲れやすいんですよね。

できれば人が大勢集まる場所に長時間拘束される状況は避けられるものなら避けたいのです。 

 

参考:【HSC】の特徴10項目 | HSC子育てラボ

 

でも健康状態は気になるし、予防できるものは予防したい

でも、健康は維持したいし、ちゃんと身体の状態を知って、

予防できるものは予防しなきゃ。

子育て中ですしね。

それになんと言っても健康が維持できなければ、

生活面も仕事も収入にも支障が大きすぎます。

 

 

【郵送型検査キット】自宅でできる「おうちでドッグ」とは?

「おうちでドック」は、自宅でできる「血液」「尿」検査で「がん」「生活習慣病」のリスクがわかる検査キットサービス。

いつでも、簡単にできて、血液と尿を郵送するだけ。

画期的ですね!

しかも人間ドックさながらの幅広い疾病リスクをチェックできるんですって。

 

 

自宅でできるおうちでドッグの採血や尿検査のやり方とは!!

検査方法ですが、特に採血が気になります。

採血は、専用のキットがあり、指先に自分で針を指すのだそうですよ。

 

初めて指の先に針を刺すときは勿論勇気は要りますが、痛みは植物の棘を指したときよりもずっと痛くありません。

病院の針は管状になっていて、中から血を吸い出すため太くて長いですが、当社のキットの針は、指先をほんの少し傷つける針が自動に出てきて針が勝手に引っ込むもので、極めて細く、1.8mm弱しか指先に刺さりませんので、痛みは一瞬ですし、安全性も問題ありません。

 

ということです。 

私は平気です!

 

 

検診って受けてますか?

 

「がん検診」や「人間ドック」の検診受診率が日本は非常に低いってご存知でしたか?

意外でした。

がんは生涯で2人に1人が罹患するのに、検診は、2人に1人位しか受診が出来ていないのだそうです。

国や自治体で検診受診率を上げようと補助金などを出しているということですが、それでも低いのですね。

健診に行かない理由の30%程度の方は「時間」が理由とのこと。

そこで「郵送検査」だと、ハードルはたしかに下がります。

はたして「時間」が理由で行かない方が、実は受診したい、と思っていらっしゃるかどうかは???ですが・・・。

「家事や育児で多忙な専業主婦」「健康保険組合に加入していないフリーランス・自営業者」の方などで、気になる方にシェアしたいと思います。

 

 

どんな項目の検査ができるの?

リスクをチェックできる疾病のカバー範囲は人間ドック並みとのことで、

自営業者になって以来したことのないがん検診が受けられるのがすごいです。

子連れで病院で受けるのは待ち時間や費用も含め、本当に大変ですからね。

リスクチェックできる疾病

乳がん 子宮がん 大腸がん 糖尿病 動脈硬化 腎疾患

胃がん、肺がん、卵巣がん、すい臓がん、胆のう・胆管がん、食道がん

肝臓疾患、通風、尿路結石、脂質代謝異常、肥満、栄養障害

 

 

 

結果はどれくらいでわかるの?

 検査の結果は2週間後に自宅に届くそうです。

 

  

検査の精度は?

 

病院で行なう腫瘍マーカー検査と生化学検査を郵送対応化していて、検査精度は同等なのだそう。

 

検査は、病院と同じがんの腫瘍マーカー検査、血液検査と尿検査を行っており、病院が検査するのと同じ検査機関、検査機器を活用しています。

また、弊社のキットは数滴の血液を採るだけの簡単なキットなのですが、数滴の血液でも病院検査と同じ検査精度を実現できる特許技術を検査会社が保有していますので、安心です。

 

 

検査結果の解説を電話でしてくれるお医者さんに親近感!

検査結果は電話で解説してもらえるそうですが、解説してくれるのはなんと、

産休・育休中のお医者さんなのだそうです。

勝手に親近感が湧いてしまいます(〃▽〃)

 

さいごに

この情報が、同じような境遇のどなたかのお役に立てたら嬉しいです!

さいごまでお読みくださりありがとうございました。