HSC親子の安心基地【書籍制作】プロジェクト進行中!

 

こんにちは、kokokakuです。

 

新年のご挨拶以来の投稿になってしまいましたが、現在、昨年のクラウドファンディング達成によって実行することができているプロジェクトの推進に明け暮れています。

 

プロジェクトというのは「書籍制作」と「コミュニティ構築」。

HSC(ハイリーセンシティブチャイルド)で学校がつらい、行きたくないという子と親御さんの安心材料づくりです。

 

今日は、いよいよ連載(noteでの公開編集)をスタートした、制作中の書籍についての進捗などをお伝えしたいと思います。

 

▶連載スタートした原稿の「プロローグ」はこちらです。

note.mu

 

座談会

繰り返しになりますが、現在チームで制作に励んでいる書籍のテーマは、学校がつらい、不登校といったHSCの子と親の安心材料。

 

昨年プロジェクトがスタートしてすぐに、あることを企画できたら!と思いついてワクワクしました。

 

それは、HSC、不登校の専門家にご協力いただき、チームメンバーと座談会をすること。しかも、直接会うのではなく、全国どこにいてもつながれるZoomを使うというもの。 

そしてその専門家とは、HSCの第一人者で精神科医の明橋大二先生、不登校新聞の石井志昴編集長、しかもそこに、ご縁があって、ある小学校の校長先生もご協力いただけることに!

 

ご出席のお願いをするための企画書やメールに、もうドキドキです。

企画したはいいけれど、何日も立ち止まって企画書やメールと向き合い、固まっていました。

 

そんな時に救いの手が差し伸べられるのがチームの素晴らしさ。

プロジェクトマネージャーがSlack上で声をかけてくれて、一歩が動くのです。

 

そんなふうに助けられながら実現した座談会は、メンバー一同感動の嵐でした。

 

この座談会の内容が、制作中の書籍に盛り込まれるのです。

 

子どもたちの将来と今の幸せを願う先生方が集まって、いただいた言葉はものすごく愛に溢れていて、皆が勇気づけられました。

その言葉の数々を書籍を開いてご覧いただける日がくると思うと楽しみでなりません。

 

メンバーのみかりんがチームや座談会の様子を書いてくれています。

HSC書籍制作チームで使っているSlackやZoomのこと、そのようなワークスペース内でのやりとりや雰囲気についても細かに書いてくれています。

tearsmile24.hatenablog.com

 

サイドストーリー

みかりんは、なんと、クラウドファンディングで支援をしてくださった頃から記事を書いてくださっていました。

tearsmile24.hatenablog.com

 

プロジェクトに参加してくれて以降も、プロジェクトのサイドストーリーとも言えるような記事を続けて書いてくれています。

tearsmile24.hatenablog.com

 

tearsmile24.hatenablog.com

 

tearsmile24.hatenablog.com

 

tearsmile24.hatenablog.com

 

 

リターンお届け

 

f:id:kokokaku:20190130005129j:plain

クラウドファンディングにいただいたご支援のリターンとして、以下の3つを、1月中にお届けすることになっていました。

 

◆【flemyさんポストカード+ステッカーコース 】

 

◆【小冊子とステッカーお届けコース 】

 

◆【カウンセリング/セラピーコース 】

 

そして、無事にお届けできて、嬉しいご報告も!

 

【flemyさんポストカード+ステッカーコース 】にご支援くださったmashleyさんは、北欧の素敵すぎるお部屋に、ポストカードをガーランドにして大切に飾ってくださったのですが、それが本当に素敵で・・・。

それに、ものづくりに注がれるエネルギーと家具の「リプロダクト」の問題に触れつつ、クリエイターの苦労や価値を示しておられる内容に感動しました。

mashleyさん、あらためて、ありがとうございました。

 

ガーランドは、記事の最後の方で見られるので、ぜひご覧いただきたいです!

www.mashley1203.com

 

Twitterでは、【小冊子とステッカーお届けコース 】にご支援いただいた、あねごんさんと、なつこさんからのご報告!

あねごんさん、なつこさん、あらためて、ありがとうございました。

 

  

 

 オリジナルグッズ

さて、楽しみなオリジナルグッズなのですが、オリジナルグッズのコースには制作中の書籍も含まれていることから、お届けが4月の予定になっています。

 

一足先に、クラファンやグッズのイラストを描いてくださったflemyさん(この1月より新たに、永富月来子さんというお名前に!)に、グッズの仕上がり確認と御礼の気持ちを込めてお送りしました。

 

確認してもらったところ、仕上がりは想像以上と感激していただいて、早速使ってくださっています! 

flemy.hatenablog.jp

 

オリジナルグッズコースにご支援くださった皆さまに、早くグッズをお届けしたくてたまりません。

 

そして、flemyさん改め月来子さんに、家族のイラストを描いてもらいました!

原画です!

flemy.hatenablog.jp

 

 すぐにこんなツイートをしました!

 

 たけるは目を輝かせて、「かわいいー!」「似てるよねー!」「たーる、本当にこれ(両手つなぎぴょんぴょん)やってたよね」「パパまさにこんな服着るよね」と感動を畳みかけてきてくれました(笑)

 

やはり原画からにじみ出て伝わってくるものへの感動は、手に取ってみないとわからないものだ!という実感もありました。

 

月来子さん、素晴らしい絵を、本当に本当にありがとうございました。

 

 

 

さて、早くもまもなく2月を迎えますね。

1か月後は原稿がほぼできていないといけない状態……

 

それはすごく大変なことかもしれないけれど、HSCのママであり、HSCにとって(子どもたちみんなにとって)本当に安心して楽しく過ごせる社会になってほしいと願うメンバーが、子育てや仕事をしながら本当に力を注いでくれています。

 

人生の中でできる体験の中でも、これは特別に貴重なもの。

それをしっかりと味わいながら書籍の完成へ向けて進んでいきたいと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いします。