校舎が怖い?足が重たくなり表情が曇る理由とは…?【幼稚園入園をめぐる家族の物語⑲】

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

 

前回までの内容

息子“たける”は、超がつく繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

入園の半年ほど前から「ママが一緒でなくては幼稚園に行かない」と言うたけるの気質に合った集団生活への移行方法を考えてきた。

そこで「慣れるまでは母親が園に付き添う」という方法を取らせてもらうことに。

 入園式を終え初登園したたけるの、何度もママのところに来る、その他課題が見えたところでママは先生や園長先生と面談をした。

その翌日、たけるは大きな変化を見せた。

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=人一倍敏感な子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思案・行動することを好みます。これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

また、HSCは些細な刺激を察知し、過剰に刺激を受けやすいせいもあって、家や慣れている人や場所では絶好調でも、新しい人や場所、人混みや騒がしい場所が極端に苦手なのです。

さらに他の子は問題なくできることを怖がったり、小さいことを気にしたりしがちですので、「内気」とか「引っ込み思案」とか「臆病」とか「神経質」などとネガティブな性格として捉えられ、「育てにくい子」として扱われてしまう傾向にあります。

これらはHSCの、微妙な刺激や変化を敏感に感知する繊細さ(先天的な気質)にあるのです。

5人に1人は、HSCに該当すると言われています。(*HSCはアメリカのエイレン・アーロン博士が提唱した概念です)

HSC・HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

①刺激に対して敏感である。ちょっとした刺激でも感知してしまう。すぐにびっくりする。

②過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒され、人より早く疲労を感じてしまう。新しいことや初対面の人、人の集まる場所や騒がしいところが苦手。誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にしたりするだけでつらい。慣れた環境や状況が変わるのを嫌がる。不快な状況や圧倒された状況にいると、冷静さを失いやすい。

③人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。細かな配慮ができる。

④自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑤直感力に優れている。漂っている空気や気配・雰囲気などで、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。先のことまでわかってしまうことがある。物事の本質を見抜く力がある。物事を深く考える傾向にある。思慮深い。

⑥モラルや秩序を重視する。正義感が強い。不公平なことや、押しつけられることを嫌う。

⑦自分のペースで思案・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。

⑧静かに遊ぶことを好む。集団より一人や少人数を好む。1対1や少人数で話をするほうがラク。大人数の前や中では、力が発揮されにくい。

⑨自己肯定感が育ちにくい。外向性を重要視する学校や社会の中で、敏感な気質ゆえに求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまく行かなかったりした場合に自信を失いやすい。

⑩自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応(様々な形での行動や症状としての反応)が出やすい。感受性が強すぎ、繊細すぎるために、学校や職場での環境や人間関係から強いストレスを感じてしまい、不適応を起こしやすい。人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。

 

週が明けて

                f:id:kokokaku:20171206194837j:plain

週が明けて、給食スタートの日。

慣らし期間は12時までだったのが、

今日から14時降園、時間はたっぷりです。

             

朝の活動

慣らし期間は控えてあった『朝の活動』が始まりました。

内容は、園庭にある植物の水やりをします。

 

「ジョウロに水を入れますよー」

        f:id:kokokaku:20171206194947j:plain

お花や鉢に水やりをします

        f:id:kokokaku:20171206195042j:plain

f:id:kokokaku:20171105202409j:plain(はりきってるな。こういう作業は好きだもんね)

 

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「楽しかった!」

f:id:kokokaku:20171105140253j:plain「上手だった~、よくできたね!」

            f:id:kokokaku:20171203143810j:plain

 

給食スタート

「今日から給食が始まります。

まずは手を洗ってエプロンと三角巾をつけます。

最初のうちは先生が手伝いまーす」  

       f:id:kokokaku:20171206195522j:plain

たけるだけはママのところへ。

            f:id:kokokaku:20171206195630j:plain

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「これから小学校の校舎へ牛乳を取りに行きます」

 

先生がそう言った時、

たけるの顔が曇りました。

           f:id:kokokaku:20171206200140j:plain

 

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「はい、並んでくださーい。小学校はまだ勉強中です。大きな声を出さないようにしましょう」 

 

たけるは焦ったようにママを呼びます。

f:id:kokokaku:20171206200427j:plain

そして、手を固く握りしめて校舎へ向かいました。

             f:id:kokokaku:20171206200810j:plain

身体測定

身体測定も保健室のある校舎への移動が必要でした。

ここでも明らかにゆとりをなくして、怖がる様子。

結果どの検査もつきっきりです。

f:id:kokokaku:20171206201002j:plain

でもこれは想定内。

それに、検査がスムーズに進むことが最重要という状況から、自然とたける以外のお友達のケアをすることにもなったので、たけるだけの特別扱い感が薄まったのは幸いでした。

 

たけるにとっての校舎とは…?

でも気になるのは『校舎』へ行くことへのたけるの反応。 

 

ママが一緒で、しかも手までつないでいるのにどうしてだろう。

ママの手を強く握りしめる手。

            f:id:kokokaku:20171206200810j:plain

重たい足取り。

            f:id:kokokaku:20171206202345j:plain

ママがいるのに不安(苦痛?)な表情…。

            f:id:kokokaku:20171206202409j:plain

 

思い出しました。これは初めてじゃない。

初めて行った大きなショッピングモールの長いエスカレーターで移動中、

吹き抜けの階下で行われているイベントで、大音量の歌や音楽が始まった時。

f:id:kokokaku:20171206202550j:plain

あの時の反応や表情ととてもよく似ている。

抱っこしても表情は変わらず何とも言えない渋い表情。

             f:id:kokokaku:20171206202621j:plain

恐怖?

怯え?

嫌悪?

 

それもあるけど、多分・・・「抵抗不可能」なことへの「無力感」

 

「ボクは無力だよ」という心の声をたけるから感じる。

耐えがたい苦痛なのに逃れられない。

「抵抗不可能なのは嫌なんだ、辛いんだ」と。

 

これは気質からくるもので、平気な人にはわからない。

私も平気だからわからなかったもの。

その「耐えがたい苦痛」という感覚は誰にもコントロールできない。

「こらえ性がない」という類の言葉で劣等感を植えつけるのも残酷。

 

だから自分を守れるだけの言語力や表現力を持たない今の時期、たけるのような気質の子は特に安心で安全と感じられる基地や、どうしてもダメな時は一緒に「回避」を選んでくれる存在が必要。

 

校舎・・・たけるがそこに感じていたのは、

あの時と同じ「抵抗不可能」の感覚なのか・・・。

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain(とにかく今私にできることは、園も校舎もどの先生も安全だ、安心だとたけるが感じるようになるまで、たけるの安心の基地でいること)

 

来年から通うことになる小学校の校舎への反応に感じた一抹の不安は、私たちの行き先を暗示していたことにこの時はまだ気づいていませんでした。

                

            f:id:kokokaku:20171206194837j:plain


  

次回につづく・・・

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

 

 参考

*HSCにとって学校生活は負担が大きく、園や学校への「適応」は簡単ではありません。例えば、新しいことや初めての場所、人が集まる場所や騒がしいところが苦手だったり、予想外のことや変化を嫌がる傾向にあります。そのために学校生活は不安でいっぱいで、とてもつらいものと感じられることが多く、HSCにとって新しい世界、特に園や学校という世界に入っていくのは、茨の道を歩いていくことを意味すると言われているくらいです。

また、物事を始めたり、人の輪に加わったりするなど、行動を起こすのにも時間がかかります。これは細かいことをじっくりと観察し、情報を深く処理(大丈夫かどうか確認)してから行動するためです。

その他、ちょっとしたことを気にしたり、刺激を受けすぎて圧倒されたりすると、落着きがなくなったり、言うことを聞けなくなったり、物事がうまくできなかったりします恥ずかしさや刺激が多すぎて不安を感じる状況や環境では、冷静さや自制心を失って、その子が持っている本来の力が発揮できなくなるのです。

その気質や特性への認識が共有され、慣れるまでのそれぞれに合ったやり方やペースが尊重されると安心ですが、そうでない場合、自己否定感や劣等感、トラウマを抱えやすいのです。

特に幼い頃に母親から無理に引き離された経験は、HSCにとってトラウマになる(強い不安となって残る)傾向があるのです。

 

アーロン博士は、2015年に日本において翻訳出版された著書『ひといちばん敏感な子』(エレイン・N・アーロン/著、明橋大二/訳 一万年堂出版)の中で、次のような言葉で、HSCを持つ私たち親を勇気づけてくれています。

HSCを育てるのは大きな喜びです。確かに、自分の子どもが『他の子と違う』ことには複雑な気持ちになるかもしれません。でも『他とは違う子の親になるなら、他とは違う親になる覚悟が必要です』。これがモットーであり、私の座右の銘です」と

 

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病