たけるがママと離れた日【幼稚園入園をめぐる家族の物語㉖】

ご訪問頂きありがとうございます。

初めてお読みになる方はこちらからどうぞ→第一話  来年から幼稚園』

 

前回までの内容

息子“たける”は、超がつく繊細で感受性の鋭い気質の持ち主。

入園の半年ほど前から「ママが一緒でなくては幼稚園に行かない」と言うたけるの気質に合った集団生活への移行方法を考えてきた。

そこで「慣れるまでは母親が園に付き添う」という方法を取らせてもらうことに。

入園から1か月後、園生活にも慣れ、楽しむように。大丈夫なことと、どうしてもダメなことがはっきりして、必要なサポートもわかりやすく限られてきた。

そろそろ『ママ離れ』…。まずママは、園内待機から車内待機へ移行した。

 

 

“たける”のように、繊細さや感受性の豊かさ鋭さ、敏感さを生まれ持つ気質の子のことを、HSC(Highly Sensitive Child)=敏感すぎる子と言います。

HSCは一般に、集団に合わせることよりも、自分のペースで思索・行動することを好みます。

これはその子の独自性が阻まれることを嫌がるほどの「強い個性」とも捉えられるのです。

またHSCは、「内気」とか「引っ込み思案」とか「神経質」とか「心配性」とか「臆病」などとネガティブな性格として捉えられがちなのですが、

「内気」「引っ込み思案」「神経質」「心配性」「臆病」な性格というのは、持って生まれた遺伝的なものではなく、後天的なものであり、それは過去におけるストレスやトラウマ体験が影響しているものと考えられています。

5人に1人は、HSCに該当すると言われ、HSC自体は病気や障がいではなく、とても敏感で感受性が強く、かつ繊細さを持った生得的な気質なのです。

(*HSCはアメリカのエイレン・N・アーロン博士が提唱した概念です)

 

HSC・HSP(Highly Sensitive Person)の特徴

①すぐにびっくりするなど、刺激に対して敏感である。細かいことに気がつく。些細な刺激や情報でも感知して深く処理する。 

②過剰に刺激を受けやすく、それに圧倒されると、ふだんの力を発揮することができなかったり、人より早く疲労を感じてしまったりする。人の集まる場所や騒がしいところが苦手である。誰かの大声や、誰かが怒鳴る声を耳にしたり、誰かが叱られているシーンを目にしたりするだけでつらい。

③目の前の状況をじっくりと観察し、情報を過去の記憶と照らし合わせて安全かどうか確認するなど、情報を徹底的に処理してから行動する。そのため、行動するのに時間がかかったり、新しいことや初対面の人と接することをあまり好まず、慣れた環境や状況が変わることを嫌がる傾向にある。急に予定が変わったときや突発的な出来事に対して混乱してしまいやすい。

④人の気持ちに寄り添い深く思いやる力や、人の気持ちを読み取る力など『共感する能力』に秀でている。細かな配慮ができる。

⑤自分と他人との間を隔てる「境界」がとても薄く、他人の影響を受けやすい。他人のネガティブな気持ちや感情を受けやすい。

⑥直感力に優れている。漂っている空気や気配・雰囲気などで、素早くその意味や苦手な空間・人などを感じ取る。先のことまでわかってしまうことがある。物事の本質を見抜く力がある。物事を深く考える傾向にある。思慮深い。モラルや秩序を重視する。正義感が強い。不公平なことや、強要されることを嫌う。

⑦内面の世界に意識が向いていて、豊かなイマジネーションを持つ。想像性・芸術性に優れている。クリエイティブ(創造的)な仕事に向いている。

⑧静かに遊ぶことを好む。集団より一人や少人数を好む。1対1や少人数で話をするほうがラク。大人数の前や中では、力が発揮されにくい。自分のペースで思索・行動することを好む。自分のペースでできた方がうまくいく。観察されたり、評価されたり、急かされたり、競争させられたりすることを嫌う傾向にある。

⑨自己肯定感が育ちにくい。外向性を重要視する学校や社会の中で、敏感な気質ゆえに求められることを苦手に感じることが多く、人と比較したり、うまく行かなかったりした場合に自信を失いやすい。

⑩自分の気質に合わないことに対して、ストレス反応(様々な形での行動や症状としての反応…HSCの場合「落着きがなくなる」「泣きやすい」「言葉遣いや態度が乱暴になる」「すぐにカッとなる」、「発熱」「頭痛」「吐き気」「腹痛」「じんましん」など)が出やすい。感受性が強すぎ、繊細すぎるために、学校や職場での環境や人間関係から強いストレスを感じてしまい、不適応を起こしやすい。人の些細な言葉や態度に傷つきやすく、小さな出来事でもトラウマとなりやすい。

 

『ママ離れミッション』本番へ

ママが駐車場の車内で待機する『ミッション:ファーストステージ』は順調にすすみ、

“ママがいない方が楽しい”と思えたことが自信となって、

たける本人の予言通り5月の第4週(26日火曜)に、ママだけが帰宅する

『本格ママ離れ』を決行することになりました。

ちょうど、昨年の幼稚園見学の時から楽しみにしていた『オオゴマダラ』に加え、

色んな蝶の幼虫が育つ様子を観察したり、飼育してみたりとワクワクもいっぱいです。

f:id:kokokaku:20171105135818j:plain
f:id:kokokaku:20171105135838j:plain
f:id:kokokaku:20171105140057j:plain

 

「本格ママ離れの日」

『本格ママ離れ』の前日、25日(月)はお休みしました。

例によって充電です。

 

さぁ、たっぷり充電した翌26日(火)。

たけるを幼稚園に送り届けたママは、もう園内には入りません。

f:id:kokokaku:20171225201519j:plain

たけるとの約束で、お着替え、水やりが終わるまでは玄関あたりで待ち、

たけるのタイミングで『帰っていいよ』と言われたら帰ります。

f:id:kokokaku:20171126202216j:plain
f:id:kokokaku:20171206194947j:plain
f:id:kokokaku:20171206195042j:plain



作業が終わると、子どもたちはブランコで遊び始めました。

         f:id:kokokaku:20171202160057j:plain

 

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「たける?」

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「もういいよ!」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「わかった、じゃあね」

f:id:kokokaku:20171212122349j:plain「たけるくんのお母さん、帰るの?」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「うん。今日から帰るね。たけるとの約束で、必要な時はお母さんに連絡して、きてもらうってことになってるから、その時は来るね」

f:id:kokokaku:20171212122349j:plain「うん、わかった」

f:id:kokokaku:20171105140253j:plain「じゃあね~」

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「バイバーイ」 

     f:id:kokokaku:20171227185607j:plain

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「では先生、よろしくお願いします」

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「はい。たけるくんから言われたらすぐご連絡しますね」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「ありがとうございます。その時はすぐ行きますので」

 

ママと離れるにも、自分が納得できるタイミングがたけるにはある。

行事や活動で、どうしてもサポートが必要な時はママが付き添えば良いし、いつでも呼んでいい、呼ばれたらすぐ行く、と約束している。

だから、たけるもママも、スッキリ離れます。

 

『ママ来て』

f:id:kokokaku:20171105202409j:plain「すごいな、おむつ外しの時と一緒で、本当にあっさり離れられた」

f:id:kokokaku:20171208203400j:plain「頑張ったね」

f:id:kokokaku:20171105202409j:plain「うん、一番すごいのは、涙がこみ上げてこないことかも。

私、お別れ苦手だから、こういう時すぐ涙が溢れるのに、何ともないの」

f:id:kokokaku:20171208203400j:plain「意志の疎通がしっかりできているからだろうね」

f:id:kokokaku:20171105202409j:plain「大事だね」

f:id:kokokaku:20171208203400j:plain「早速呼び出しあったりして(笑)」

f:id:kokokaku:20171105143601j:plain「どうだろう?大丈夫なんじゃないかなぁ」

 

プルルルル・・・

f:id:kokokaku:20171105142421j:plain「先生からだ。早速だったね」

 

f:id:kokokaku:20171104145840j:plain「お母さん、たけるくんがきてほしいそうです。

ちょっとたけるくんに代わりますね」

f:id:kokokaku:20171105142421j:plain「はい、ありがとうございます」

f:id:kokokaku:20171227185706j:plain

f:id:kokokaku:20171105185016j:plain「ママ?きてほしいんだけど、いつ来れる?」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「今すぐ出るから、時計の長い針3がの所まではには行けるよー」

f:id:kokokaku:20171105185016j:plain「わかったー、じゃあ待ってるねー」

 

 

f:id:kokokaku:20171208203400j:plain「早速だったね」     

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「何だろうね、行ってきまーす」

       f:id:kokokaku:20171227185840j:plain

f:id:kokokaku:20171105202409j:plain「ママきたよ~。どうしたの?」

f:id:kokokaku:20171105142349j:plain「ちょっと来てほしくなったの」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「そうだったの。じゃあ、お外で少し充電しとこっか」

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「うん」

 

充電      

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「みんなで何して遊んでた?」

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「おうちごっこして虫取りとか」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「へぇ、楽しかった?」

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「うん、楽しかったよ、たけるはね、~~~~~」

      f:id:kokokaku:20171227185947j:plain

たっぷりお話と充電をしたら、

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「もういいよ」

f:id:kokokaku:20171105140435j:plain「はーい。じゃあ終わるころに迎えに行くからね」

f:id:kokokaku:20171104145658j:plain「うん、じゃあね」

         f:id:kokokaku:20171227190129j:plain

お試しだよね。

「先生は本当にすぐに連絡してくれるかな」

「ママは本当に来てくれるかな」

って。

 

それから

ちょうどこの頃、6月21日に行われる運動会の練習がちょっとずつ始まりました。

まずは、校歌や運動会の歌を覚えたり、毎年恒例の全校エイサーの練習をちょっとずつ。

 

それからしばらくは、降園前に行われる「エイサー」の練習を見てほしいので早めに迎えに到着するよう行くことと、予めわかっている行事の時以外は、急に呼び出されることはほとんど無く、5月を終えました。

  

次回(2018年1月4日予定)につづく・・・

 (*この物語は、実話をもとにしていますが、個人名や団体名、エピソードの一部に変更を加え、事実と異なるところがあります。)

 

みなさまへ

本年中は、当ブログにご訪問下さり、またたくさんのスターやブックマーク、コメントをいただき、本当にありがとうございました。

おかげさまでとても励みになって、頑張ることができました!!

来年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

皆さまどうぞよいお年をお迎えくださいませ。

kokokaku

          

ー著書紹介ー

~幼かったあの日の私を抱きしめに行こう。

本当の私(ママ)になるために。~

というキャッチコピーの本、『ママ、怒らないで。』を出版しています。

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病

ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病